がん免疫細胞療法をご存じですか?

Share on Facebook
LINEで送る

がん治療の専門医

みなさん、今でもがんと診断される方も多くいますね。
もしあなたが癌と診断されたとき、日本ではどんな治療方法があるのかを知っておくことは良い事でしょう。

日本で多くの皆さんに知られているのが、
【手術療法】
・ 癌化した細胞組織や、転移が疑われる周辺組織やリンパ節なども切除をする。
・ 切除が可能な場合には、積極的に用いられる。
・ 問題点は、手術による体力の低下、臓器の切除による生活行動の変化(食事を数回に分ける、オスメイト装着など)、手術ができない部位には行えないなど。
【放射線照射療法】
・ 癌化した部位に放射線を外部から照射し、癌を死滅させる。
・ 近年では医療技術の発達により、癌化の部位に放射線を発生させる針やカプセルなどを挿入する方法も開発されている。
・ 問題点は、放射線による障害(脱毛、倦怠感、吐き気、炎症など)、体内に放射線を挿入する療法では、行動制限が起きる。
などだと思います。

そこでもう一つのがん治療の方法として、知られるようになってきたのが、
【ANK免疫細胞療法】という、新日本橋石井クリニックで行なわれている治療方法です。
この療法は、患者さんの体内にあるリンパ球に含まれている、NK細胞を体外で増加させ活性化、その後体内に戻すことにより、がん細胞を攻撃して破壊します。
その為患者本人への体の負担も少なく、その他の治療法の併用も可能です。
癌と診断されたら一度、新日本橋石井クリニックで自分に免疫細胞療法が行えるのか受診をしてみてください。
癌の完治もできるかもしれませんよ。

コメントを残す